8/15 初めての年金シュミレーション

夏休み中にやっておきたい1つのことに年金シュミレーションがあります。今年上半期に話題になった『金融資産2000万円不足問題』。自分の年金がどれくらいもらえるか?ってあまり関心が無かったのですが、年金機構から来ている『ねんきん定期便』から、年金のもらえる金額が試算できるってことで見てみることにしました。

嫁さんと自分は各々の今年の年収ベースから20万円減ぐらいベースで、60歳まで収入があると仮定した場合、年金がどれくらいもらえるかを年金ネットを使って調べました。65歳からの支給で、自分が16万円/月、嫁さんが12万円/月の計28万円/月の年金がもらえそうです。実際はメディアで語られているように2割減になるのでは?と言われているので、正確ではないですが。。

2000万円不足のモデルケースでは、月の支出が26.4万円とあり、その内訳が
税金:2.83万円
食費:6.45万円
住宅:1.36万円
水光熱費:1.92万円
衣服代:0.65万円
医療費:1.55万円
交通費:1.95万円
通信費:1.1万円
教養・娯楽:2.2万円
交際費:2.73万円
小遣い:2.66万円
--------------------
計:26,4万円

現時点での想定では、医療費は平均より高く、食費、教養・娯楽、交際費+小遣い、交通費は平均より少ないと想定。孫にどれだけ支援するかによって、変わってくるかとは思いますが。。現時点での生活スタイルでは、支出は25万円以内に抑えられるかなと考えています。嫁さんも自分も物欲が無いので。。

あと老後は働ける間は何らかの形で働きたいって思ってます。40歳から定年まではセカンドキャリアを見据えた働き方をしていきたいですね。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ




☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ