5/13 オフショア先のエンジニア転職にブチギレる部長~違和感を感じる

今日はオフショア先のエンジニアが転職するって話を聞きました。自分のチームのブリッジSEで日本の仕事の進め方を理解し、単なる翻訳・通訳でなく、設計内容を理解し、伝えているのでとても仕事のできるエンジニアでした。転職理由は日本に来て働きたいからとのこと。フィリピンから日本に来ると、出張手当や食事手当を含めると、フィリピンで働いているときの給料に比べて3~4倍もらえるってことで、給料面を考慮すると、転職は自然な流れ。

これを聞いた部長がブチギレて、オフショア先の会社にクレームを入れたらしい。『仕事に慣れてきたエンジニアが転職することが多すぎる。生産性がある一定の周期で低下する。』と。部長はオフショア先に丸投げを目論んでいるが、常駐者がいないなかで日本のような働き方を理解するのは、海外のエンジニアには厳しいかと。文化違うんだし。教え込むんだったら、数年間の海外の常駐する日本人エンジニアが必要じゃないかと思いますね。

自分はオフショア先がいつ辞めても良いように、新しい仕事をさせた場合、引継ぎ用の資料も作成させ、レビューを通して、日本で管理している。海外で管理させると、『どこにあるのかわらかない』と言われかねないので。部長は『転職させないための対策をオフショア先の会社に取らせる。』と言っているけど、そんなことできるわけないでしょ。給料でも上げさせるんかいな。。オフショア先が悪いって言っても何も変わらんかと。。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ





follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ