12/31 レゴディスカバリーの割引&友人は自分の年収をあっという間に飛び越し

今日は母親と家族で「レゴディスカバリー大阪」に行ってきました。自分はリサーチ不足でネットから前売り券を購入しました。前売り券だと、休日の入場券2300円が2000円で購入できます。これで満足してはいけません。一度訪れると、次回入場券が休日1000円、平日500円で入場できる優待券をもらえます。この優待券はオークション、フリマサイトで買うことが出来るので、この優待券を使い、当日券を購入するのが、もっとも割引を受けることが出来る方法です。

レゴディスカバリーでは、レゴの工程を映像で見ることが出来たり、電車のレゴを作ってジオラマ上で走らせることが出来たり、アスレチックのアトラクション、レゴの映画鑑賞、レゴのジオラマ、巨大レゴブロック、オリジナルレゴの作成、レゴフレンズで遊べたり、レゴで自動車を作って走らせることが出来たりと盛りだくさん。レゴ好きなら、3時間以上は滞在可能です。我が家は時間の都合で2時間30分の滞在でしたが、子供たちは不完全燃焼。「まだまだ遊びたかったのに」残念そうでした。

次は母親の要望で観覧車に乗りました。長女や三女は楽しそうにしてましたが、次女はなぜかフリーズ。どうやら高所恐怖症だそうです。今まで知らなかった。。子供たちは楽しそうで良かったです。

夕方からは高校の友人と再会。営業、公務員、ソフト開発、大学関係って感じでバラバラな業種で働いていますが、自分の給料の伸びが最も悪かった。。ソフト開発は若い間は良い給料がもらえますが、30代からののびが悪いってのは正解でした。製造業に見られる典型的なパターンです。営業、公務員、大学関係者の給料の伸びはすさまじく200~300万円の年収が上がっています。管理職や肩書きがつきはじめるのが、自分たちの世代。ここでくたばるか、這い上がれるかが年収の1つの分かれ道です。自分の場合は限りなく可能性0ですが。。

気になる年収ですが、800万円ぐらいですかね。自分は650万円前後と思われますので、かなり差がつきました。自分も管理職につけば、800万円ぐらいになりますが。。大学関係者は1200万円になっていました。個人業績が重視されるので、時間とお金を仕事に集中させています。休みが月4日あればいいほうとのことで、かなり大変そうでした。お金だけじゃ無くて、子供をどう育てたいかという話まで、様々です。友人の1人が3人目の子供が生まれたようで、めでたい話が続きました。前向きな友人たちで良い刺激をもらいました。さて、今日の家計簿ですが、

交通費:4700円
交際費:3100円
------------------------
合計:7800円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ




☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ