11/19 ご褒美とペナルティ。どちらが子供に有効なのか?

我が家では、長女が生まれてからずっと悩んでいたことがありました。このブログにも何度か書いた『子供の食事が遅いこと』。遅いというのは、朝食、昼食、夕食問わず、1時間以上かかることです。共働きの我が家では、日々時間に追われており、食事が遅いことが『勉強時間が十分に確保できない、消灯時間が遅くなる、遊ぶ時間が短くなる』といったことにつながっており、最終的には親の次の日の準備にも影響が出ていました。

今まで『ご飯を30分以内に食べたら、ご褒美シールを張る。ご防備シールが5つ貯まったら、好きなお菓子を買える』というルールを設けていました。最初の1か月ぐらいは効果があったのですが、その後は『好きなお菓子じゃないけど、家にあるお菓子でも十分』って感じになってしまい、『好きなお菓子を買うためのご褒美シール』は効果が薄れ、ご防備シールはいらない⇒1時間以上食事にかかるといった感じになってました。

そこで、10月からルールを変更し、『55分以内に食べ終わらなかったら、勉強ご褒美シールを1つ取り上げる』というペナルティーに変更しました。勉強ご褒美シールは『毎日の家勉強(宿題とは別)を全問正解する。筆算の場合は制限時間内に終えることができたら、1つシールをもらえ、10個貯まると、好きな絵本かおもちゃが買ってもらえる』シールです。1日の勉強で1つもらえるのですが、全問正解、制限時間のハードルが高く、1か月に1回褒美シールが10個貯まるペースです。

このシールを毎食55分以内に食べ終わらなかったら、取り上げる制度を導入。またストップウォッチで55分を計るようにしたら、最初の30分はダラダラ食べてますが、30分過ぎたあたりから、スピードアップし、何とか間に合うって感じになっています。これにより、朝勉強時間が確保でき、1日のリズムが安定してきました。

以前、勉強にペナルティ制度(お手伝いをさせる)を設けても、正答率、筆算のスピードは上がらず全く効果が無かったのですが、食事の場合は効果があるみたいですね。勉強の場合はご褒美制度にすると、子供たちがシールのために、家勉強をやっています。ペナルティ制度のほうが効果があった食事も30分以内に食べ終わったら、勉強ご褒美シールをあげると言ったら、もっと早くなるのかなと思ったりもしますが、食事中の会話も大切にしたいので、止めています。

モチベーションが持続させるって意味では、ご褒美制度が良いと思うのですが、ご褒美が子供たちにとって重要でないと、我が家みたいに失敗するのかなと思いました。ペナルティ制度はモチベーション維持にはつながらないって本に書いていたので、やらないほうが良いのかと思いつつ、食事での効果ありので、続けているって感じですね。どちらが有効かと言ったら、モチベーション維持のためにするのか、モチベーションよりも決まりを守るってことを重視するのかでペナルティ制度か、ご褒美制度を採用するかを決めるって感じでしょうか。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ




follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    No title
    すみません、そもそも55分って、おかしすぎると感じたのですが、お子さんたちは、何をしながら食べているのですか?お腹が空いていないのですか?
    30分もあれば、お腹がいっぱいになるまで食べるのに十分だと思いますよ。


    保育園や学校の給食ももっと短い時間のはずですが、家と何が違いますか?
    テレビは見ていないと思いますが、
    食事中にお喋りしているのなら、食事に関するお喋り以外は一切禁止にするとかしないと、この先お子さんたちが困ると思います(偉そうな言い方ですみません)。
    そもそも食事にご褒美やペナルティというのは、おかしい気がしました。
    お母さんが一生懸命作ってくれたごはんを食べるのに、なぜご褒美が必要なんでしょうか。

    特にご褒美やペナルティは与えず、食事時間は30分くらいに設定して、時間が過ぎたら食事は終了、を淡々と繰り返す方が良いのでは、と感じました。
    奥様も、残されるとストレスが大きいと思いますので、品数を減らすとかしてもよいと思います。


    Re: No title
    >奈緒さん
    コメントありがとうございます。子供たちは夕食時はその日あった出来事を長女、次女で交互に話し、朝食時はボーっとして時間が過ぎてます。テレビは見てないです。食は細いほうで、おなかが空いたと言って、ご飯を食べることは少ないです。保育園や学校ではおしゃべりしないで食べる時間があるようで、30分ぐらいで食べ終わっているようです。

    奈緒さんのコメントにあるようにご飯にペナルティやご褒美っていうのはおかしいっていう意見は確かで、嫁さんと話し合いました。30分過ぎたら、食事をさげるってのは1つのアイデアですが、まったくご飯を食べない日々が続きそうな気もしてます。どこかで一度試してみます。子供たちの食事の遅さが嫁さんのストレスになっているのは事実です。。

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ