6/4 読書メモ『GRIT~やり抜く力』

電車の中で5日ぐらいかけて、『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』をと見ました。自分の子供たちにやり抜く力をつけたほうが良いと思ったことや仕事に役に立つかなと思い、読みました。読者対象はやり抜く力をつけたい人や子育て中の人科と感じました。続きを読むに要約をまとめました。

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
取り組むべきことを発見する質問。
私はどんなことを考えるのが好きか?
いつの間にかよく考えていることは何か?
私が本当に大切に思っているのはどんなこと?
私にとってもっとも重要なことは?
何をしているときが一番楽しい?
これだけは耐えられないと思うことは?

好き嫌いをはっきりさせて、これだけはやりたくないって仕事は除外して、それ以外の仕事にチャレンジしてみる。


1つのことを極めるためには下記流れで練習する。
1.ある1点に絞って、ストレッチ目標(高めの目標)を設定する。
2.しっかり練習して、努力を惜しまずにストレッチ目標を達成する。
3.フィードバックをもらい、改善点を改善できるまで練習する。
4.目標設定⇒クリアを繰り返す。

・練習は時間より、どう練習するかを重視する。
・ストレッチ目標のための練習は1日3時間~5時間が限界。

自分ができないことに挑戦し、失敗して、何とかうあまくいくように別の方法を見つけることがエキスパートの
練習方法である。毎日、同じ時間、同じ場所で練習することを習慣化する。

・役に立ちたいという気持ちと興味がやる抜く力の原動力となる。

・仕事の意義、目的を見出すために考えるべきこと
(a)自分の仕事が社会にとってどのように役立つか考える
(b)仕事に対して、どうしたらやりがいを感じられるか自分のなりの考えを描きだす
(c)目的の持った着方の手本となる人(ロールモデル)からインスピレーションをもらう
(d)もっといい人間になりたいと思わせてくれるような生き方をしている人はいますか?誰ですか?なぜそう思いますか?

・学生へのアプローチは
(a)どうしたら、世の中はもっとよくなると思うか?
(b)今学校で習っていることで役に立つことはありますか?
を考えさせた後、勉強をさせると成績がアップする。

やりぬく力を発揮するために
・人間やればうまくなる
・人は成長する

という気持ちを持つこと。

やり抜く力を伸ばす子供への言葉の掛け方
・よく頑張った。
・今回はうまくいかなかった。なんでうまくいかなかったか一緒に考えよう。
・よくできたね。もう少しできそうなところはどこだと思う?
・これは難しい。すぐにはできないね。
・もう少し頑張ろっか。一緒に頑張ればできるよ。


子供は親の行動特性をまねる。
子供が『大変なのに、楽しめる』のは課外活動(ピアノ、水泳などのスポーツなど)
課外活動を2年以上続けて、週に課外活動の時間が長く、自分の上達を実感するほど、やり抜く力が強くなる。
難しいことを続けると、どん欲に取り組めるようになる。
勤勉さは練習によって、身に着けることができる。ずっと簡単な問題をやっている子供と、レベルを徐々にあげていった子供を比較すると、後者のほうが練習に真剣に取り組む傾向がある。

・やり抜く力がつよい集団に属すると、やり抜く力が強くなる。


やり抜く力が強いと、幸福度が高い。
やり抜く力が強いとは
・一歩ずつ前に進む
・興味ある重要な目標に粘り強く取り組む
・厳しい練習を毎日何年間も続けること
・7転び8起きであること

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ





☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ