10/31 プレジデントの特集~金持ち老後と貧乏老後

今日は電車の中でプレジデントの特集『金持ち老後と貧乏老後』を読みました。特集での貧乏老後とは、①子供の教育費にお金かけすぎ(月85000円)、②キャリアのスマホを使って通信費が平均8000円/1人、4人家族で32000円などで月々の家計簿がマイナスでボーナスで補てんしている家計簿です。

このような貧乏家計簿は子供が大学生となった時に奨学金で通うことになり、子供も連鎖して貧乏になってしまうってものでした。住宅ローンは退職金の半額程度で返済し、定年後もフルタイムではないが、働き続けて収入を得つつ、趣味を見つけて、余生を楽しむような人生100年計画が描かれていました。

自分の父親が人生100年計画のような生き方をしていて、理想とするところです。現場主義で働いたためか69歳まで仕事し、その後、家庭菜園を通じて地域のコミュニティに参加、麻雀やカラオケなど毎日イキイキと生活しています。老後の心配は45歳を過ぎてから考えて、今は目の前の仕事を取り組めばいいのかなって思ってます。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ




☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ