7/22 通院の時短術と学童の人事。うまく学童を運営するための工夫をしている学年

昨日は朝からたまプラーザの皮膚科に行ってきました。次女の汗疹にかゆみが止まらないので、薬を処方してもらいました。近所の皮膚科の処方された薬は次女には合わない。車で1時間かけて、たまプラーザまで来ていたのですが、第3子出産により、なかなかこれなくなると思うので、『たまプラーザで処方されている薬が近所の皮膚科で処方されるようにするにはどうしたら良いか?』とかかりつけの医師に相談しました。

近所の皮膚科で、『以前処方された薬で症状が落ち着いている。事情があって、処方されたお店にはなかなか行くことができない』ということを伝えれば、同じ薬を出してくれるだろう』とのことでした。これが実現すれば、大きな時短になります。新しい症状が出ない限り、自転車で15分の皮膚科で処方してくれれば、大きいですね。

病院の後はお気に入りの常時100種類以上のパンが置いてあるパン屋さん『プレドール』でパンを購入し、長女を体操教室へ。その後、学童のキャンプの打ち合わせ。その後、懇親会に参加しましたが、学童の人事について、色々聞きました。学童は運営5役と各種イベントの実行委員長7役の計12役があります。運営5役で大変なのは『会計』。イベントで大変なのは『キャンプ』だそうです。うちの学童の場合。

自分の地区の学童は3年生の保護者が中心となり、運営5役やイベント実行委員長を選出するとのこと。今年は人事で揉めたようですが、去年はすんなり決まったようです。すんなり決まったやり方としては、ムードメーカーのパパがいて、いきなり人事を決めるのではなく、事前に懇親会を開いて、そこで希望や負担の想い役割は『あなたしかいない』と『この人に頼まれたら、仕方がないか。。』というキャラクターでテキパキ人事を決めてしまったようです。結果、その学年の団結力は素晴らしく、学童を辞めたメンバーも含めて、今の交流があるとのことでした。

保護者活動に積極的なパパの特徴としては
・学童事情に詳しい。
・子供遊びが上手
・アウトドア、工作、DIYが得意
・今後、お世話になるから、貢献しよう!!という気持ち

一番最後の気持ちが一番大きいですかね。我が家もそうですが、無難に過ごしたいの気持ちのほうが強いかと思います。感心しました。。さて、今日の家計簿ですが、

交通費:1470円
交際費:6500円
飲物:400円
---------------------------------
合計:8370円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader このエントリーをはてなブックマークに追加

☞ 関連記事
  • このページのトップへ

  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    ブログパーツ