7/7 三鷹の森ジブリ美術館へ

今日は朝から『三鷹の森ジブリ美術館』に行ってきました。三鷹の森美術館はスタジオジブリの美術館で、『となりのトトロ』や『天空の城ラピュタ』、『魔女の宅急便』にまつわる絵コンテや展示品などが置かれている美術館です。美術館のチケットはローソンチケットでの事前購入が必要で、当日販売していません。

10時入場のチケットを購入し、約20分前に美術館隣にある『井の頭恩賜公園第二駐車場』に到着しました。この日は小雨と言うこともあり、駐車場はガラガラ。急いでいく必要も無さそうです。見た感じ入場者の1/4は外国人で自動車で来るってことが少ないかもしれません。

ジブリ美術館では、『となりのトトロ』の番外編とも言える『めいとこねこバス』の短編映画が美術館内で上映されています。入館すると、さっそく『映画展示室 土星座』に並びます。トトロの映画と言うことで、長女、次女も映画を見て大興奮!つかみは十分です。

展示室をすっ飛ばして、2Fの『ネコバスルーム』に行きます。トトロのネコバスとまっくろくろすけが置いてあるプレイルームで小学6年生以下が遊ぶことができます。三女はネコバスの表情が『こわい』と言って、プレイルームで遊ばず、長女と次女が遊びました。これもトトロを見ている長女、次女はネコバスの屋根の上に乗ったり、ネコバスの中のまっくろくろすけと遊んだりして、盛り上がってました。早い時間に行ったので、15分程度の待ち時間で済みましたが、時間が後になるにつれて待ち時間は長くなり、最大25分の待ち時間が発生していました。

次に屋上に行って、『天空の城ラピュタ』のロボット兵とラピュタにある石板があります。ここで記念撮影。館内は写真撮影禁止ですが、外での撮影は可能です。小雨という転校もあって、待ちもなくスムーズに見ることができました。

次に『トライホークス』に行きました。ジブリ美術館おすすめの絵本・児童書が置いてあり、絵本・児童本が好きな長女と次女は各々2冊ぐらい本を読んでました。この本を読む時間で20分、自分も鈴木敏夫さんの本を何冊か読んで、面白かったです。嫁さんはトトロにまつわる場所が描かれたトトロの生まれたところが良かった~と言ってました。本好きな子供はとても喜ぶと思います。

土産コーナーで『ネコバス』のぬいぐるみを購入後、常設展示展へ。アニメがどのように動いているのかとフィルムと動かして、アニメが動く様子が見れるのですが、子供たちは『面白い~』と喜んでました。トトロや千と千尋の神隠し、天空の城ラピュタの1カットの動く様子が見ることができます。

絵コンテも見ることができて、公開している絵コンテは時期によって異なります。今は『耳を澄ませば』と『かぐや姫』の絵コンテを見ることができました。子供たちに『アニメ制作の仕事をしてみたい?』と聞いたら、『めっちゃ大変そうだから、大丈夫』と言ってました。。

期間限定の展示展として、『映画を塗る仕事』展がやっていて、時刻や天候によって色のテイストを変えていることが書かれていて、ここにも長女は感心している様子。絵が好きな長女にとっては展示展はとても楽しかったようですが、次女は絵コンテあたりから『よくわからない』と言ってました。

結局、行く前にどの映画を見れば、より美術館を楽しめるのか?、効率よく回るためにはどうすればいいのかはこちらの記事が参考になります。滞在時間2時間30分で、遠かったですが行った甲斐がありました。さて、今日の家計簿ですが、

交通費:7030円(高速 + 駐車場 + ガソリン)
交際費:5140円(昼食代)
------------------------------
合計:12170円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

☞ 関連記事
  • このページのトップへ
  • ブログパーツ