3/15 コンサル業務の教育を受ける

今日は教育を受けるために都内に行きました。教育内容は『コンサルティング業務から考える上流設計』ってテーマでした。近年はコンサルティング業務でコスト削減やシステム入替時にお客さんの要望は『今より効率的なシステムに入れ替えたい。予算はこれくらい』って提示はあるけど、具体的に『どう効率化したいのか?』ってところを答えてくれるお客さんは少ないとのこと。そのため、コンサル作業者はお客さんの各部署からヒアリングし、現行システムの理解、改善点の洗い出しを行い、新システムの提案を行うってとこまでをするとのこと。

教育では、『現行システム理解、改善点作成、新システム提案』をどのように行っていくのかっていうことを中心にグループディスカッションしながら、理解を深めていく内容であった。最近は組織の縦割りによって、業務フローがどのように流れているか全体を把握しているお客さんが少なく、全体掌握ってところに時間がかかるようになったとか。昔は生き字引みたいな人材がいて、その人に聞いたら、なんでもわかるってのがあったみたいですが、最近はほとんど無くなったらしい。。全体的な知識が無い人でも業務が回るようにって考えた結果、幅広い視野をもった従業員が育たなくなったとボヤいている経営者が多いとか。。スペシャリストとゼネラリスト。。どちらがいいのかは考えさせられますが。。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader このエントリーをはてなブックマークに追加

☞ 関連記事
  • このページのトップへ
  • ブログパーツ