3/13 オフショア開発経験のある友人と食事

今日はオフショア開発経験のある友人と飯を食べに行きました。職場でオフショア開発が始まるので、どんな感じかを確認したかったので、食事に行くことを誘いました。友人は

・ミャンマー、中国でオフショア開発をさせている。単金は20万円/人月(ミャンマー)、40万円/人月(中国)。
・開発対象は業務システム。1年間という期間があり、1か月単位でフェーズゲートがある程度で進捗管理は緩いプロジェクト。

ってことで開発している。進捗管理が緩いので、オフショアさせやすく、ある程度の遅延だったら、挽回可能。しかし、品質に関する認識が甘く、時間をかけて教育する必要がある。また、日本人のような行間を読むってことはしないので、設計書に実現すべきことはすべて記載する必要がある。仕様書から設計書を作ってと言っても、システムの過去の経緯や理解が少ないので、設計は難しい。あくまでプログラマーとして、考えるべきとのことだった。そこから、自分のプロジェクトとのギャップは

・自分のプロジェクトは短納期、かつプロジェクトの進捗管理がめちゃくちゃ厳しい。
・最近はプログラミング規模というより、エンハンスが中心であり、プログラミングというより、既存機能の調査がメイン。
・設計をさせないと、人件費削減は無理。

ってことで大きなギャップでした。今回ヒアリングした内容を元に資料を作り、上に報告するつもりです。どうするのかは謎ですが。。さて、今日の家計簿ですが、

合計;0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader このエントリーをはてなブックマークに追加

☞ 関連記事
  • このページのトップへ
  • ブログパーツ