カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「年収 」カテゴリ記事一覧


1/28 2019年度の世帯年収~なんとか1000万円越え

今日は嫁さんの源泉徴収が配布されたので、2019年の世帯年収は下記となりました。

夫の年収:6540835円
妻の年収:3834101円
------------------------
合計:10374936円

でした。去年から19万円アップですね。夫の収入が44万円減しましたが、妻が63万円増えたので、世帯収入としては増えました。自分の欲しい目安としては700万円があるのですが、管理職にならないと到達しないことがハッキリしました。700万円に向けた戦略をどうするかってのは考えないといけないです。嫁さんは三女出産してからのフルで1年働いた結果、年収が増えましたね。400万円ぐらいまでははたらいたら、増えそうとのこと。今年は手術により約2か月の欠勤があるので、嫁さんの年収としては50万円以上減となる感じです。夫の収入は横ばいかな。。


管理職は年収は月の手取りが40万円、ボーナス額面130万円前後で850万円が管理職1年目と言われています。ただし、海外出張や地方への出張が増え、共働きしている家庭にとっては嫁さんへの負担が増となります。自分の望みはお持続可能な共働きで、自分の目指す姿はテレワークを週1~2でできる環境で働きたい。テレワーク実施している部署への異動が目標ですかね。今のプロジェクトはテレワーク実施している部署が主となっているので、名前覚えてもらって、部署の異動が実現できないか目論んでいます。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ





3/29 自分の30代の年収を並べてみた

39歳の年収が697万円だったことを受けて、自分の30代の年収をまとめたら、下記のような結果になった。2013年までは家賃補助年60万もらっていたため、家賃補助を差し引いた年収を()に記載。

2008年(29歳):685万円(家賃補助なし:625万円/-)
2009年(30歳):630万円(家賃補助なし:570万円/-8.8%)
2010年(31歳):676万円(家賃補助なし:616万円/+8.1%)
2011年(32歳);720万円(家賃補助なし:660万円/+7.1%)
2012年(33歳);680万円(家賃補助なし:620万円/-6.0%)
2013年(34歳):726万円(家賃補助なし:666万円/+7.4%)
2014年(35歳):643万円(家購入で家賃補助年60万円無くなる/-3.4%)
2015年(36歳):582万円(-9.4%)
2016年(37歳):597万円(+2.5%)
2017年(38歳):630万円(+5.2%)
2018年(39歳):697万円(保育園補助なし:672万円/+6.6%)

30歳の家賃補助なしの年収が570万だったので、39歳の補助なしの年収が672万円です。年利で計算したら、30代は1.7%の昇給率だったことになります。自分にとっては子供に恵まれて、プライベートは幸せな10年でしたが、仕事面では失われた10年だったと感じています。家賃補助があったこともありますが、10年前とほぼ年収が変わっていないためです。

今年は給料テーブルの改定があるとのことで、今のテーブルでは頭打ちなので、上限テーブルが上がるのかが気になります。収入が増えないなら、支出(住宅ローンの月々支払い額)を減らして、育児による支出増に耐えるようにしないといけないです。2023年に560万円繰り上げ返済すると、月35000円の支払いとなり、かなり負担減となります。とりあえずこれを目指して、頑張ります。さて、今日の家計簿ですが、

交際費:2400円
---------------------
合計:2400円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



2/18 2018年の世帯年収~初の1000万越え

今日は嫁さんの源泉徴収が配布されたので、2018年の世帯年収は下記となりました。

夫の年収:6983060円
妻の年収:3200915円
------------------------
合計:10183975円

でした。去年から90万円アップですね。夫の収入は保育料に補助金を負担してくれるようになったので、60万円増。嫁さんは出産後の復職で30万円増で、世帯収入としては90万円ほど増えました。夫の年収は保育園に子供たちが通わなくなると、また600万円ぐらいにさがるので、恒久的なものではなく、一時的なものです。嫁さんは4~12月の実績なので、2019年はもう50万円ぐらいふえるかもしれません。夫の年収は次女が保育園卒業したので、補助金が減額され、650万円程度の年収になるかなと。でも、世帯収入としては1000万円ぐらいになるかと考えています。

1000万円は裕福に聞こえますが、保育園代、学童代と専業主婦の世帯に比べ、出費がかかるのは事実。お金は子供たちの体験、家族思い出に使って、無駄遣いはせず、かといって貯金しすぎもよくなにので、このポリシーでお金を管理をしていきます。さて、今日の家計簿ですが、


合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



  • このページのトップへ
  • ブログパーツ