カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「入院・クローン病 」カテゴリ記事一覧


12/12 嫁さんの大腸検査~手術の意思固める。

今日はクローン病の通院日で大腸カメラでの大腸、小腸の検査を行いました。お尻からカメラを通して、大腸を検査しました。レミケード投与間隔を2か月から1か月に変更したことにより、潰瘍部分がきれいになり、大腸の状態は非常に良くなっていました。しかし、潰瘍部分が治癒したことにより、大腸と小腸側の出口あたりの通りが非常に狭く(直径1cm程度)で、大腸カメラが小腸に行くことができませんでした。

造影剤で小腸の状態を確認しましたが、狭窄部はおそらく1か所とのこと。嫁さんの腹痛は潰瘍が原因ではなく、狭窄部に大きな消化物が通過するときの痛みだろうとのことでした。狭窄部の治療には①バルーンによる狭窄部の直径を広げる方法、②手術による切除があるとのこと。医師としては②を行ったほうがよいのでは?とのことでした。

嫁さんは十二指腸潰瘍のときに、①を試してみたが、広がらなかったとのこと。医師の話を聞いて、嫁さんも②で手術する治療方針とするようです。ただ、数か月の猶予は可能とのことだったので、来年1月の定期健診で、手術時期を相談するようです。手術による入院期間、仕事の調整、自分の実家からオカンのサポートなどを加味したうえで手術時期を決めるとのことでした。腹痛回数が減り、嫁さんの生活の質が向上することを期待しています。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ





follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

9/18 嫁さんのクローン病の定期健診

昨日は嫁さんのクローン病による定期健診でした。イムランによる副作用で服用をやめてから初めての定期健診です。イムランの服用をやめて、2週間ほど頭痛が続き、その後は腹痛があったり、なかったりを繰り返していました。医師と新しい治療方針の話し合いをし、12月までは様子を見て、12月に内視鏡、大腸検査を行い、狭窄が悪化していないかを判断し、積極的治療をするか否かを判断するようです。

12月までは4週間隔でレミケードを投与(8週間隔の量は半分)し、様子を見るとのことでした。8週間隔に比べると、嫁さんの体調は良いです。腹痛の回数も少ないですね。ただ、栄養吸収が悪いのか、体重が増えないことが心配です。標準体重から3kg落ちたまま。ヘリもしないが、増えもしない。さて、今日の家計簿ですが、

交際費:210円
--------------------
合計:210円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

8/29 嫁さんの頭痛治まる

今日はイムランによる副作用3日目。ほぼ頭痛がなくなり、日常生活が送れるようになった嫁さん。家事をこなせるようになり、普通に体が動かせるようになりました。午後からは職場に顔を出して、病状を説明したようです。なんとか明日から復帰できる見通しが立ち、ホッとしているようです。自分も定時に帰り、嫁さんの調子を確認しましたが、普通の嫁さんになってました。子供たちも普通のママを見て、ホッと喜んでいます。良かった。。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページのトップへ
  • ブログパーツ