カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「子育て 」カテゴリ記事一覧


8/19 嫁さんが腐ったので、嫁さんフリーディ

今日は朝から嫁さんの機嫌が悪い。自分に対してというより、子供たちに対して厳しい。ちょっとしたことで怒ります。午前中は子供たちは家でままごと、自分と三女は近所の公園でお散歩って感じでのんびり過ごしました。嫁さんがままごとしている子供たちから、色々話しかけられます。いつもの光景ですが、疲れているのか、支離滅裂な言動を子供たちがするとすぐに怒るってのを午前中繰り返してました。

昼飯時、子供たちがご飯が食べるのがいつものように遅かったので、嫁さんが『もうご飯作らない』と言って、ソファで横になりました。顔は今年一番に腐った顔をしています。

ってことで昼飯を食べたら、自分と子供たち3人で急遽みなとみらいに行きました。我が家では子供たちが1歳になったら、似顔絵を描いてもらっています。あと少しで三女が誕生日であるため、記念に描いてもらうことにしました。子供たち3人を30分で描いてもらいましたが、美人に描いてもらって、大満足な出来栄え。次女は特に美人に描いてもらったので、次女が一番喜んでました。

次にラウンドマークの『ジェラード屋のフィレンツェ』でジェラードをいただきました。イタリアンバニラ、ベルギーチョコ、メロンラムネをそれぞれ選んで食べました。ベルギーチョコは濃厚、メロンラムネはさっぱり、ってかんじで子供たちが気に入ったのはメロンラムネでした!次に『どんぐり共和国』でラピュタのシータ、パズーの指人形を購入。最後にクィーンズスクエアでやっている大道芸を見て、帰ってきました。所要時間は5時間。

嫁さんは昼寝でリフレッシュ後、平日の晩飯&弁当のおかずの仕込みを完了させて、顔がスッキリしてました。疲れていたんでしょうね。フリーと言っても、昼寝と仕込みで終わったので、フリーとは言えませんが、嫁さんには『リフレッシュできた』と喜んでもらえました。

みなとみらいから帰ってきた長女、次女は嫁さんと一緒に『三女の誕生日ケーキ作り』をワイワイやっていました。二人ともクッキングは好きなんですよね。子供たちも『ママが元気になって良かった~クッキングが一番楽しかった(パパとのお出かけは??)』と喜んでました。さて、今日の家計簿ですが、

交通費:2560円
交際費:5650円
---------------------
合計:8220円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ




follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

8/18 小学2年生の夏休みの読書感想文~我が家の書き方

今日は夏休み宿題最後の大物『読書感想文』をママと長女で取り組むことにしました。長女が本を選ぶときに迷うかなと思ったら、『読書感想文』の宿題があるとわかったときから、学童でリサーチをしていたようで、『アニメ版 つるにのって』を選びました。学童では、毎年夏休みに『戦争について考える』日があり、この本のような原爆による被害に関する本を読んで、みんなと考える、また、平和について考えるってことをやっています。小学2年生では難しいテーマかなと思いましたが、『戦争をしないようにする』という想いは長女の中であるようで、この本を選んだようです。

読書感想文の我が家の書き方

我が家の書き方は『ママと長女が一緒になって本を読み、書き方(骨組みを親が考え、骨組みに対する内容を引き出すための質問を子供にする)を教えるってスタイル』です。小学2年生は720文字以上なので、嫁さんが考えた骨組みは下記です。

(a)この本を選んだ理由(100文字)
(b)本で気になった部分の要約(240文字)
(c)気になった部分の感想(340文字)
(d)この本を読んだ結果、どんなことを大切にして過ごそうと思ったか(100文字)
計:780文字

骨組みに対する子供への質問

(1)本を選んだ理由。学童で読書して、興味を持ったから。
嫁:なぜ興味を持ったの?
長女:なんとなく。。。
嫁:本にはいろんなこと書いてるよね?原爆ドームのこと、登場人物のこと、戦争のこと、
長女:戦争でひどい体験をみんなしてるから。。

ってな感じで、深堀を繰り返します。(b)~(d)も同じですね。長女が出してきた回答が読書感想に書けるレベルになるまで、一緒に考えて、誘導していきます。まずは箇条書きで長女に書かせてから、文章にしていくって感じで、かかった時間は3時間。長女が感じたことを書かせるので、時間がかかります。出来上がったものを読みましたが、良い出来具合でした。嫁さんの感想が入っているかと思いましたが、そんなこともなく。。長女頑張ったようですね。。さて、今日の家計簿ですが、

医療費:2300円
交通費:600円
交際費:550円
----------------------
合計:3450円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

8/16 お盆の船橋アンゼルセン公園~割引と混雑は?

今日はかねてから行ってみたかった『船橋アンゼルセン公園』に行ってきました。自分の自宅からだと1時間30分かかりました。ディズニーランド+30分って感じでしょうか。途中の渋滞はありませんでした。

入園料の料金と割引

入園料は大人:900円、小学生:200円、幼児:100円です。JTBが運営しているレジャーチケット販売サイトの『passme』で購入すれば、10%OFFでチケットを購入でき、入場時にスタッフにスマホで電子チケットを見せれば、入場することができます。コンビニ前売り券と違い、わざわざコンビニで発見する必要がないので楽です。

駐車場の混雑具合

南ゲートの駐車場に開園の30分前(9時すぎ)に到着しました。車は15台程度で止まっていて、駐車場は空きがありました。開園時もまだ駐車場に余裕がありました。また、前売り券を買っていない場合はチケット購入⇒入園という流れになりますが、チケット購入で並んでいるといった様子もなく、入園のために並ぶのは開園前に到着しているお客さんが待っているからで、混雑のために並んでいるといった様子もありませんでした。開園時にひょこっと表れて、入場の列に並ぶ役割とチケット購入の役割に分担すれば、問題ないかと思います。

園内の混雑

開園して、すぐに『アルキメデスの泉』の近くに簡易テントを張って、子供たちと自分は水着に着替えて、じゃぶじゃぶ池とアルキメデスの泉で遊びます。噴水の水のためか水温が冷たく、開園と同時に行くことはお勧めしません。アスレチックや大型遊具で遊んで、暑くなってきたころに水遊びをすることをお勧めします。水辺で1時間遊びましたが、イモ洗い状態ってぐらい混雑してはいませんでしたが、人は多くいました。でも、水鉄砲やビーチボールで遊べるスペースは確保できますし、混雑はそれほど気になりませんでした。

ただ、水が冷たかった。。水辺で遊んだ後はアスレチック。年長さんには難しいと思いましたが、次女はヒョイヒョイとこなしていきます。30分ぐらいアスレチックしたところで昼飯に。昼飯は嫁さんのオリジナルのチーズ肉巻きおにぎり。子供たちは大喜び!

お昼ご飯後もアスレチックをやりながら、藍染め体験ができる『子供美術館』に行きます。そこで長女はTシャツの藍染め、次女はバックの藍染め。長女は工作好きなので、創作作業に入ると、スイッチが入って、こだわりをみせながら、藍染めを進めています。次女は自分の思った通りに染めることができず、まさかの大号泣。。1時間ぐらいやってましたかね。。ここも人はいましたが、激混みって感じではありませんでした。

子供美術館の近くにも違ったアスレチックがあり、長女と次女は大きな滑り台にはまって、何回もやってました。次に期間限定でやってるひまわり迷路へ。長女と次女が競争を始めたら、長女が派手に転んでブルーに。休憩場でジュースを飲んだ後、『童話館』で嫁さんと子供たちで塗り絵をして、盛り上がりました。

最後に『わんぱく王国ゾーン』に行って、まだ遊んでいない大型遊具で遊んだら、閉園時間の17時に。1日中遊びましたけど、遊んでいないエリアもあって、トリップアドバイザー3位に選ばれた価値はあります。

かかった費用

入園料1800円(大人:1620円(810×2)、小学生:180円、幼児:90円)×95%(passme5%OFFクーポン使用)
駐車場代:500円
染もの体験:1700円(Tシャツ:1000円、バッグ:700円)
自宅からの交通費:3820円(高速代)

ってな感じで、ディズニーランドなどのテーマパークに比べるとリーズナブルです。小学校中学年ぐらいまでのお子さんがいたら、行ってみることをお勧めします。我が家は弁当&水筒持参したので、飲食代がかかっていません。さて、今日の家計簿ですが、

交際費:3500円
交通費:4320円
-----------------------
合計:7720円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ



follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページのトップへ
  • ブログパーツ